友達が脳出血から遷延性意識障害になってしまいました。遷延性意識障害って何なの?から始まり、復活のためにインターネット上の情報をまとめています。
集めている情報としては以下の3つの分野になります。
 (1)最先端の治療方法、家庭でも出来るリハビリのやり方、病院探しに関する情報
 (2)症状・医療の医学情報、新聞記事、ネット記事
 (3)遷延性意識障害者を支援しているグループ、NPO法人、個人のブログ、掲示板
もし情報をお持ちでしたらコメントにでも書き込んでいただけたらと思います。

2009年4月21日開設

スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2009/04/30 Thu 07:03
大阪脳損傷リハビリテーションネットワーク を見たら、集めようとしていた情報が結構網羅されていたのでここだけは抜き出しておきます。ただ個人ブログ等は開設当時のものだけの模様。
カテゴリ内容
概要 脳外傷や脳の病気などによる脳損傷のあとでは、ようやく命が助かっても、さまざまな後遺障害が残ります。 植物状態(遷延性意識障害)、身体障害、重度の知能障害そして高次脳機能障害などです。
 事故や病気の発生から昏睡時の治療、昏睡から意識が戻りかけた時に起こってくる混乱期とでも言うべきPTA(Post Traumatic Amnesia)もしくは通過症候群への対応、その後の遷延性意識障害や重度脳障害者もしくは高次脳機能障害に対する治療やリハビリテーションは、後遺症を軽減し、その後の本人の生活の質を少しでも向上するためには大変重要です。
 当ネットワークは、脳外傷,脳損傷の治療、特にリハビリテーションに関連した治療の推進を目指しています。とりわけこのホームページでは、脳外傷,脳損傷者の治療、リハビリテーション、生活の質の向上に努力している当事者、家族、治療者に役立つ情報の提供を目指します。
脳損傷とは・脳損傷の原因 ・脳損傷の分類 ・脳損傷の頻度 ・脳損傷後の状態 ・脳卒中のポイント ・外傷性脳損傷後のてんかん発作について ・脳損傷の家族の体験談、事例集 ・支援組織
リハビリテーション・リハビリテーションについて ・脳損傷急性期に家族にできること ・嚥下訓練の注意点 ・高次脳機能障害のリハビリテーション ・日本製の記憶補助装置 ・ポーテージ早期教育法の脳損傷への応用 ・自動車運転の評価とリハビリテーション(その1) ・リハビリテーション病院への転院について
介護・介護について ・初めて車いすを使う人のために ・口腔ケアについて ・排尿の訓練とケア ・便秘排便のケアについて
福祉制度福祉制度は、身体障害者のための制度、知的障害者のための制度、精神障害者のための制度と分かれてはいますが、脳損傷者はいずれだけに該当しないこと、いずれにも少しずつ該当することなどにより、もっとも本人に適した制度を利用できるように努めるべきです。
脳損傷の知識・脳損傷とは  ・脳損傷の影響 ・医療 ・統計資料 ・リハビリテーション ・家族と介護者の問題 ・行動 ・子どもと脳損傷 ・子どもと脳損傷
資料脳損傷に関する視察研修資料
リ ン ク・脳損傷の会 ・脳損傷の個人のHP ・いろいろな障害者の支援組織 ・脳卒中 ・厚生労働省 ・バリアフリー旅行 ・福祉関連 ・リハビリテーション関連 ・介護関連 ・障害支援ハイテク・テクノエイド ・関連学会 ・行動分析 ・交通事故関連  ・薬 ・医学医療 ・その他
トピックス・高次脳機能障害者実態調査結果 山梨県 (2009.3.29)
・「見えない障害」支援に厚み 高次脳機能障害 拠点機関54カ所に (2009.3.20)
・大盛況\(^o^)/第1回高次脳機能障害講習会 (2009.3.20)
  等など
掲示板

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekonaizou.blog25.fc2.com/tb.php/8-2ca8af96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 遷延性意識障害の情報ページ all rights reserved.
まとめ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。