友達が脳出血から遷延性意識障害になってしまいました。遷延性意識障害って何なの?から始まり、復活のためにインターネット上の情報をまとめています。
集めている情報としては以下の3つの分野になります。
 (1)最先端の治療方法、家庭でも出来るリハビリのやり方、病院探しに関する情報
 (2)症状・医療の医学情報、新聞記事、ネット記事
 (3)遷延性意識障害者を支援しているグループ、NPO法人、個人のブログ、掲示板
もし情報をお持ちでしたらコメントにでも書き込んでいただけたらと思います。

2009年4月21日開設

スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2010/06/12 Sat 14:14
第16回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会 が平成22年9月3日(金)・4日(土)に 新潟コンベンションセンター朱鷺メッセ で開催されるとのこと。
  テーマ : 「理念に基づく摂食・嚥下リハビリテーションの構築に向けて」
  会期 : 平成22年9月3日(金)・4日(土)
  会場 : 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
       〒950-0078 新潟市中央区万代島6番1号 TEL. 025-246-8400 

9月4日の教育講演では、音楽療法の第一人者の野田燎さんが講演する。
テーマは「遷延性意識障害をともなう摂食・嚥下障害に対する音楽療法」。

ただ非会員の場合、参加費が7,000円。どうするかなぁ・・。

詳細は以下のとおり。もっと詳細は→第16回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会
■会長講演「理念に基づく摂食・嚥下リハビリテーションの構築」
■招待講演
1.「EMG」
2.「Biofeedback」
■教育講演
1. 第5回 臨床栄養セミナー NST設立・運営に必要な基礎知識
2. 摂食嚥下リハビリテーションの導入に伴う新規保険について  
3. 遷延性意識障害をともなう摂食・嚥下障害に対する音楽療法  
4. 摂食・嚥下に関わる地域での介護予防の取り組み  
5.「プレゼンテーションの仕方」  
6.「摂食・嚥下に関わる医療と介護施策の課題と展望」  

■シンポジウム
1. 摂食・嚥下リハビリテーションの新しい臨床を開く基礎研究  
2. 長期慢性疾患、終末期、退行性疾患に対する摂食・嚥下リハビリテーションの手技と理念  

■ワークショップ
嚥下のリスクマネジメントとHazard analysis

■指定テーマ講演
"正常若年成人の睡眠中の嚥下と呼吸動態"
食品物性が嚥下機能に与える影響について

■交流集会
1)理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
2)栄養士・管理栄養士
3)歯科衛生士
4)発達期障害
5)看護師

■のもう会(摂食・嚥下を考える会)
「米国の摂食・嚥下臨床の現状」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekonaizou.blog25.fc2.com/tb.php/34-fc5bfd51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 遷延性意識障害の情報ページ all rights reserved.
まとめ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。