友達が脳出血から遷延性意識障害になってしまいました。遷延性意識障害って何なの?から始まり、復活のためにインターネット上の情報をまとめています。
集めている情報としては以下の3つの分野になります。
 (1)最先端の治療方法、家庭でも出来るリハビリのやり方、病院探しに関する情報
 (2)症状・医療の医学情報、新聞記事、ネット記事
 (3)遷延性意識障害者を支援しているグループ、NPO法人、個人のブログ、掲示板
もし情報をお持ちでしたらコメントにでも書き込んでいただけたらと思います。

2009年4月21日開設

スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2010/04/24 Sat 02:26
遷延性意識障害でも(一時的に・極めてまれかも知れないが何かの拍子に)意識が戻っているときがあると思っている。しかし患者はそれを知らしめる動作はできないと思っている。もし知ることが出来れば、そのときに何らかの方法で意思の疎通を図ることができるのではないかと。しかし、如何にして知ることが出来るのだろうか・・・。調べてみた。

いま、脳科学が可能にする「新・人間学(Science of Humanity)」へのパラダイムシフト

~以下引用~
ある時、その患者さんのご家族から、一見するといわゆる植物状態であっても脳はしっかりと機能しているのではないか、脳機能を計測して欲しいというご依頼がありました。そこで、専門医の立ち会いのもとで光トポグラフィーによる脳の計測をさせていただきました。脳の意味理解をつかさどる部分、発語をつかさどる部分など何か所かをお測りしたのですが、どの部分も完全に働いていることが分かりました。さらに光トポグラフィーをブレイン・マシン・インターフェイス(BMI)として用いることにより、ご家族と患者さんは2年半ぶりに意思疎通ができたのです。


意識障害患者の随意的脳活動:植物状態などとされている患者に意識的脳活動可能な患者がいる 内科開業医のお勉強日記

~以下引用~
【結論】植物状態あるいは、意識レベルがきわめて低い患者のごく少数で、覚醒や認知を反映する脳の活動性を有していることが判明。
注意深い臨床的検査により、特定の患者で、意識状態の再分類をもたらすだろう。
このテクニックは、反応無しに見える患者とのベーシックなコミュニケーション確立に有効な方法といえる。


意識の有無の線引きはどこに

~以下引用~
一部の植物状態患者にテニスなど身体的動作を想像するよう頼んだところ,脳の運動前野が活性化した。別の患者では,言葉の合図をきっかけに言語に関する脳領域が活性化した。ある最近の研究は植物状態の診断の約40%が誤りであると結論づけている(S. ローリーズ「植物状態の意識を探る」日経サイエンス2007年8月号)。


植物状態の意識を探る

~以下引用~
専門家でさえ診断に戸惑うこの植物状態とは,「覚醒」と「認識」という意識における2つの主要な要素がまったく切り離されていて,完全に覚醒しているにもかかわらず,思考や感情をひっくるめた認識は消失している状態だ。「覚醒」と書いたが,実際には,睡眠と目覚めている状態が交互に現れる周期的なパターンを示すことを指す。目覚めているように見えるとき,患者の目は開いていて,ときおり眼球を動かすことがある。そうでないときは患者の目は閉じていて,眠っているように見えるが,触れられたり話しかけられたりすると,目を開いて眼球を動かす。


意識障害

~以下引用~
  ③特殊な意識障害
    無動性無言:自発的な運動や発語が全くなく、反応を示さないが、眼は動かし追視し・・・
    失外套症候群:大脳皮質の広汎な機能障害によって不可逆的に大脳皮質機能が・・・
    遷延性植物状態:いわゆる「植物状態、植物人間」。単に状態を表現した言葉で、・・・
  ④鑑別すべき状態
    閉じこめ症候群:眼は動かすが無動・無言。四肢の完全麻痺。橋底部の梗塞性病・・・


大阪脳損傷リハビリテーションネットワーク

~以下引用~
「意識の回復は、15分といった短い昏睡の場合を除いて、映画のように急に目を開いて、「私は何をしていたの」と急に目覚めることはありません。次第次第に混乱をともないつつ、本人らしさがまるで池のそこから浮かび上がるように現れてくるのです」


植物状態: 昏迷と昏睡: メルクマニュアル18版 日本語版

米国の製薬会社の医学説明書のためだろうが否定的な意見。


第1回関東機能的脳外科カンファレンス~第20回関東機能的脳外科カンファレンス


大久保暢子さんの「脳血管障害・頭部外傷患者における「意識」の概念分析」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekonaizou.blog25.fc2.com/tb.php/33-ef477ac7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 遷延性意識障害の情報ページ all rights reserved.
まとめ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。