友達が脳出血から遷延性意識障害になってしまいました。遷延性意識障害って何なの?から始まり、復活のためにインターネット上の情報をまとめています。
集めている情報としては以下の3つの分野になります。
 (1)最先端の治療方法、家庭でも出来るリハビリのやり方、病院探しに関する情報
 (2)症状・医療の医学情報、新聞記事、ネット記事
 (3)遷延性意識障害者を支援しているグループ、NPO法人、個人のブログ、掲示板
もし情報をお持ちでしたらコメントにでも書き込んでいただけたらと思います。

2009年4月21日開設

スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2009/08/06 Thu 07:49
コメントで「私たち家族で出来るリハビリはマッサージや口の中を刺激する以外何かありますか?」と質問があったので、遷延性意識障害者の家族にできるリハビリの中心となる(と思う)、五感への刺激についてまとめました。
通常はリンクを張るだけなのですが、一覧になっていた方が分かりやすいだろうと思い、引用させていただきました。「えがおの時間」さん、「MIDI日記Jupiter」さん、「希望の会 掲示板」さん、「広南病院」さん、「Hello!!優」さん、脳出血の母の介護記録さん、ご了承を。

■2010年11月3日
遷延性意識障害のリハビリとしてのツボ刺激は?  の記事からツボへの刺激を追加。

刺激出典刺激の内容
視覚刺激 えがおの時間ペンライト 右目、左目それぞれの前で、ゆっくり動かす、とか2-3秒間隔で点滅させる。
えがおの時間見えていることが確認できるときは、フラッシュカードを使用。 フラッシュカードに使用したのは、くもんの幼児図鑑カード。
えがおの時間
(学会発表)
家族の写真を大きく引き伸ばしたものを壁、目の前に吊るす。
希望の会 掲示板目が開いてる時に、明るい色(特に黄色や、赤)のハンカチやうちわ(両面色違いを交代に)を目の前に見せる。
広南病院四季の景色、明るい窓のある環境、テレビ・映画鑑賞、散歩、誕生会など。
聴覚刺激えがおの時間テープ 左耳、右耳のそばで、大きな音で5秒くらい鳴らす。1回に5秒くらい、面会1時間につき、それぞれ3回くらい。テープは、家族のお父さんへの呼びかけの声と唄を吹き込んだもの。
えがおの時間
(学会発表)
「手術は成功したよ」「助かったよ」「絶対大丈夫だよ」「しっかり息をして」「目を開けて」などして欲しいこと等を耳元で繰り返す。
えがおの時間(学会発表)ニュース、手紙、メールの読み上げ。
広南病院話しかけ、ラジオ・テレビ、音楽鑑賞、音楽療法など。
biglobeなんでも相談室音楽を聞かせたり、話しかけたり。聞かせる音楽は本人が歌詞までよくおぼえているような音楽がいいそうです。わからない時は童謡もいいそうです。うちは童謡のCDを図書館で借りて聞かせてました。
視覚・聴覚の複合刺激MIDI日記Jupiterテレビ(本人の観ていた番組)。
MIDI日記Jupiterビデオレター(親しい人の「頑張って~」、「早く帰って来て~」などの呼びかけを録画したものを見せる。
MIDI日記Jupiter楽器を目の前で演奏(夫の場合は音楽療法士さんに借りた小さなグロッケン)。音のする方向を追視するように、演奏する場所を変えてみる。
触覚刺激えがおの時間
(学会発表)
感覚がどこかに残っているかもしれないので、手だけではなく顔や体、いろいろなところへの刺激。
希望の会 掲示板氷を唇に充てたり、コヨリ等で、顔をくすぐる。
えがおの時間 足の指、土踏まずを押す。両足それぞれ。
広南病院リハビリ、タッチング、入浴、日光浴、体位交換など。
biglobeなんでも相談室全身のマッサージももちろんいいのですが、一番敏感なのは手足と顔(特に口)なのだそうです。病院で防水シーツと洗面器を借りて手足をお湯につけて洗ってあげたりしてました。刺激だけじゃなくてきれいにもなりますしね。歯磨きのやりかたを看護婦さんに教えてもらってやってみたり、リップをこまめに塗ったりもしてました。
聴覚・触覚の複合刺激えがおの時間話しかける。話しかけながら、手を握る、手をたたく、肩をさする、肩をゆさぶる。できるだけたくさん。
えがおの時間音楽CDをかける。お父さんの好きな音楽を かけながら、リズムに合わせて、手や足、肩をたたく。できるだけたくさん。
MIDI日記Jupiter本人の好きな音楽(夫の場合はカーペンターズ、クラシックギター)とモーツァルトをCDデッキ及びステレオヘッドフォンで聞かせ、音楽に合わせて手足をさする、タッピングする。指の関節から始め、徐々に手首→ひじ→肩(足は足首→ひざ→股関節)とほぐしていく・・・など。
MIDI日記Jupiter肩をたたいたり、手を握りながら話しかける。なるだけ名前を呼ぶ。
MIDI日記Jupiter手と足の筋肉を圧迫刺激(マッサージ)。何しろ動かしていないので筋肉がない「これが筋肉だ!ここを動かす!」と認識させるようにマッサージする。やはり音楽に合わせたり、呼びかけながら行った方が反応がいい。
嗅覚 えがおの時間アロマオイル 昼と夜、1日2回。
希望の会 掲示板香水や、匂いの強い食べ物を嗅がせる。
広南病院アロマテラピー、食事、外出など。
biglobeなんでも相談室忘れがちですが嗅覚は原始的な感覚らしくてこういう時でもはっきりしていたりするようです。好きなコロンなどがあればそれを枕元のタオルにそっとたらしてあげたり、くだものなどの香りもいいと聞きました。うちはアロマオイルを枕元にたらしたりしてました。
嗅覚 ・触覚の複合刺激MIDI日記Jupiterフレーバー歯磨き(本人がいつも食べていたヨーグルト、バナナ、りんご、アイスクリーム、緑茶、カレーなどの匂いの付いた歯みがきでブラッシングする)。
MIDI日記Jupiterアロママッサージ(マッサージ以外にもルームコロン、ティッシュにオイルを含ませてパジャマのポケットに入れる等)。
味覚 えがおの時間レモン(酸味) ポッカレモンを綿棒につけて舌にぬる。 面会中1時間につき1回、 通常の綿棒ではなく、ノドに薬をぬるタイプの大きいものを使うと良い。 後、キムチの素(辛味:本人の好きなもの)を追加。※ 誤嚥の危険性がある。
希望の会 掲示板すっぱい物等を舌に直接あげる。
広南病院食事、レモン水刺激、口腔マッサージなど。
biglobeなんでも相談室歯磨きの時にマウスウォッシュを使ってくれる病院だったので、それの味を本人が好きそうなものを選んだりしてました。
味覚 ・触覚の複合刺激MIDI日記Jupiter綿棒を冷凍庫で冷やし、口腔内を冷温刺激。
MIDI日記Jupiter綿棒に酸味、苦味などの味を付け、舌の上にのせる(夫の場合は非実施)。
Hello!!優アイス棒で口腔内マッサージ(必ず空嚥下を確認する)。パイナップル棒とかカボスの汁。
圧迫えがおの時間筋肉に対する圧迫 両足それぞれ 面会中1時間につき1回。
痛覚 えがおの時間僧帽筋、指の爪 肩の筋肉のところを押す、手指の爪を圧迫する 3秒x3回を面会1時間につき2回くらい。
運動 えがおの時間左右手首・指、左右ひじ・ひざ、左右足首・指、(肩)、曲げ伸ばし、 (肩は注意する)、面会中1時間につき1回、交互動作、手を交互にあげる、 足を交互にあげる。
筋肉えがおの時間呼吸器離脱をめざし、横隔膜など呼吸に関係のある胸の筋肉をきたえるため、腕の曲げ伸ばしを重点的に行った。
ツボへの刺激脳出血の母の介護記録脳幹のツボを刺激してみました。耳ツボを刺激すると口をモゴモゴし始め、両目が開きます。また足のツボを刺激すると、つねられて足が痛いときに引くような動作をします。単に痛いだけかもしれませんが、痛みを感じてるだけでも進歩です。
◎足の裏側◎左右の親指の内側になります。三叉神経の反射区の下です。
◎耳つぼ◎時計回りに軽くまわしながら刺激するとよいようです。
えがおの時間手指の爪を圧迫する 3秒x3回を面会1時間につき2回くらい。
その他えがおの時間
(学会発表)
昔からの友人の見舞い。少年野球のユニホームや野球帽。
biglobeなんでも相談室刺激の中で一番効果があったのは、6か月目くらいに外泊させたことです。やはり慣れた家のにおいとか音とかがよい刺激になるのだと思います。外泊から戻ったとたんに言葉が出て病院の人たちもびっくりしてました。
コメント
この記事へのコメント
拝見してます。
管理人様初めまして。今年1月に待望の第一子を授かった父親です。4つの合併症を持った先天性心疾患で初めての子・娘が生まれました。妊娠中に発覚しており、専門の病院を紹介してもらい、そこで、産科・新生児科・小児循環器科・小児心臓血管外科とのチームにより生後15日目で姑息術を行い、術後良好で2月に退院しました。それはそれは可愛い女の子で、外見的には、決して重症心疾患には見えない元気な女の子でした。しかし、今年5月初旬に根治術を目指し4/23に心臓カテーテル検査を行いました。笑顔で夫婦・付き添いの看護師に検査室へ送られ、笑顔を返した娘が、3時間後にはカテーテルが心臓を傷付け、事故により心肺停止になり人工呼吸・人工心肺と多勢の医師・看護師に囲まれPICU(小児集中治療室)へ運ばれる娘に変わってました。動揺どころじゃありませんでした。PICUにで何とか心奇形のままですが、人工心肺から離脱しましたが、やはり脳へのダメージは大きく低酸素脳症となり、現在(105日目)まで昏睡状態です。当初、我々夫婦は現実逃避し何故、心臓手術準備検査から事故でこの様な事になったのか、病院を恨む事しか考えてませんでした。でも娘が昏睡であろうが、生後4ヶ月の小さな命が懸命に生きている事を考える様になり、頭を整理してみました。病院の事故?でも現実。神経医師は回復見込み無しでも今は一般病棟で心臓は心奇形だが、回復している→まだ生きている→我々は医者ではない。医者以外に我々で何か出来ないのか?→方法論を探そう!と思い、絶対に娘を死なさない!という気持ちから情報収集を始め、なんでも試そうと思いました。そして、貴ブログに出会えたのです。その事が嬉しく、感謝申し上げます。また、管理人様の友人を思う気持ちに感動して拝見させていただいております。そして、僕達夫婦の情報収集として活用させていただいている事に、厚く御礼申し上げます。これからも、このブログを拝見させていただきながら、僕達に出来る事を考え実践して行きたいと思います。本当にありがとうございます。娘は医師の残酷な診断とは逆に足が動いて来ました。絶対に覚醒させたくこれからも頑張って参ります。管理人様のご友人が回復される事を願います。
2009/08/06(木) 12:09:03
URL | K #-[ 編集 ]
K様
大変な状況ですね。しかし、子供の回復能力の高さは誰もが認めているところだと思います。未知に近いかと。あきらめらいで頑張ってください。
2009/08/07(金) 06:19:54
URL | ブログの管理人 #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekonaizou.blog25.fc2.com/tb.php/20-1149db00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 遷延性意識障害の情報ページ all rights reserved.
まとめ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。